2023年1月 2日

総合サポート

中山HP.png
HP中山.png


『学生時代』

きっかけは7歳の時にテレビで見た「全日本剣道選手権」。

たまたまつけたNHKでやっていたそうです。

断片的な映像が記憶の遠いところにありますが、
その日から「ゆーも剣道やる~」と母にアピール開始。

「まあ、すぐに興味を無くすでしょう。」

そう高をくくっていた母に幼い私は
「剣道やる」「電話した?」「いつから?」
と連日しつこく催促したそうで、

「とりあえず一回体験させてみよう」。

市内の剣道クラブへ入会することが決まったのでした。

何も考えずただのめり込み、
良い環境を求めて中学は学区を越境し(当時は珍しかった)、
高校も片道1時間半かけて通い、
素晴らしい指導者と仲間たちに出会うことができました。

辛いことも嬉しいこともたくさんあったけど、
永く続けてこれたのは「やる」と決めたのは自分だったことと、
シンプルに剣道が自分に合っていたからだと思います。

なぜならほかのスポーツはどれも下手くそで、
特に水泳と長距離走は地獄の時間(>_<)

背泳ぎのテストでは開始の笛の音と共に水底へ沈み、
クラスで唯一の「記録ナシ」という記録を樹立しました。。。

結果、大学卒業までの約15年間、
一生懸命竹刀だけを振り続けたなんて・・・

あの頃の母は想像もしていなかったはずです(笑)


**********

『店長、会社辞めるってよ』

ホテル、ニート、アパレル、建材商社、不動産、そして現在の一期家。

社会人になってからの職歴5つ+1(?)。

学生時代のアルバイトはお弁当屋さんと、
清掃、アジアンレストラン、倉庫作業の4つだけ。

書き出してみたらたったの9つしかないわたしの職歴。

働く意味をあまり深く考えずに過ごしてきた20代が終わり、
これからどうしようとかな~とぼんやり考えた末、
一念発起で宅建の資格を取りました。

すぐに転職したかった訳ではありませんが、
毎日の仕事や生活に変化を求めていた時期だった気がします。

当時は戸建分譲の会社で、営業事務5年目。

池ノ谷社長(当時は店長)の下で働いていました。

せっかく不動産会社に勤めているのに不動産のことはさっぱりで、
でもまぁ試験に受かればお祝い金もらえるし、毎月資格手当ももらえるし!と

若干のよこしまな考えを抱きつつ、
やるなら絶対に受かってやると机にかじりついた数カ月。

ちゃっかり5問免除の恩恵にあやかり試験は合格。

しかし、やったー!と喜んだのもつかの間。

年が明け、仕事始め早々、
店長が退職するとの噂が耳に入ってきました。。


**********

『なんでもやるなら入っていいよ』

「わたしを雇ってください!」

一期家への入社は、どストレートな直談判から始まりました。

この人のそばでもっと色々なことを吸収すべきだ!と思ったからです。

営業経験もなければもちろん現場(建築)経験もないので
取りたてほやほやの宅建だけを武器に(戦闘力低し)、
これからは営業もやります!
体力ないけど工事もやります!と。

ということで3カ月のお試し期間を経て、

『一人二役以上、なんでもチャレンジしていく。
そういう気持ちがあるなら入社してください。』

とのお言葉の下、毎日が勉強で新発見の日々を過ごしています。

「どうして池ノ谷社長についていったの?」

とよく聞かれるのですが、ズバリ、

「絶対に楽しくなると思ったから!」です。

社長の人柄を知っている方には納得の回答だそうです☆


**********

学びと経験

不動産仕事や事務の時は事務所におりますが、
建築仕事の際はわたしも連日現場作業に。

なんでもやるとは言ったものの、
まさかウィークリーコーデができるくらい
作業着が増えるなんて思いもしなかったわけで、
それこそ自分がヘルメット被って重機に乗る日が来るだなんて(笑)

新しい世界にいる気持ちです。

どんなことも経験させてくれ、やりたいことに
チャレンジさせてくれる環境にいることに感謝しています。


今一期家は注文住宅事業に力を入れています。

住む人が快適でハッピーになれますように、
家を建てる前の不安な気持ちや、建てた後の困りごとも、
きっと今の自分の学びや経験がお客様の役に立つ時がくると思って
目の前の仕事に取り組んでいます。

どんなことも楽しんで(*´▽`*)
これからも日々精進していきます。

みなさまとお会いできる日を楽しみに待っています。

  • イベント